ピラティスとは

ピラティスはもともとドイツの看護師ジョセフ・ピラティス氏が傷ついた兵士のリハビリを目的として開発したエクササイズです。

体全体のバランスを整え、インナーマッスル、コアマッスルを強化する事によって人間がもともと持っている自然治癒力を向上させ腰痛や慢性的な肩こりなどを根本的に改善していきます。

また、バランス能力や柔軟性、心肺機能、循環器機能、筋肉など身体全体を活性化する効果があるため、現代では身体機能の向上を目的としたプロアスリートや、美しいプロポーションを求めるスーパーモデルにもピラティスは深く浸透しています。

一番重要な事は、ピラティスは見よう見まねの自己流で行っても効果を得られないという事です。
意識、イメージがとても重要になってきます。

おすすめのピラティスDVD

自宅でピラティスをはじめるのにおすすめの教材を2点ご紹介致します。

1点目はスポーツや補強のためにピラティスをはじめようと思っている方向けの教材です。
ピラティスとヨガを中心に、プロ野球・ラグビー日本代表・ゴルフ・レーシングドライバー等あらゆるスポーツのトップアスリート達に体幹トレーニングを指導されている橋本恵美さんが、週2回のトレーニングでパフォーマンスをグングンアップさせる本格派アスリート向けのピラティス体幹トレーニングを教えてくれます。
>>本橋恵美の体幹トレーニング For All Sports DVD

もう1点は、美しさのためにピラティスをはじめたいと思っている方向けの教材です。
テレビや雑誌で話題の累計1万人以上を指導してきた目黒若菜さんが、「メリハリある女性らしいしなやかなカラダ」をつくるピラティスメソッドを教えてくれます。
>>ピラティスをあなたのお部屋で!目黒若菜のピラティス・レッスン

ピラティスの特徴

ピラティスは簡単にいうとインナーマッスルのエクササイズになります。

身体の中心にあるコアの筋肉を使い正しい姿勢をキープしながら様々なエクササイズをしていきます。

イメージがとても大切で、エクササイズ中は身体の奥深くにある筋肉を動かそうというイメージをもって筋肉をコントロールしていく事が重要です。 その事からピラティスは”考えるエクササイズ”とも言われています。

集中力も重要で、自分の体を見つめ直し意識を高めていきます。

例えば腹筋運動のように上半身を床から持ち上げる時の動作では、床に仰向けになった状態から背骨の一本一本を動かしながら順番に床から離れていくようなイメージで動かしていきます。

このように意識的に身体の奥深くから筋肉を動かしていくことを覚えさせていきます。

またピラティスでは呼吸法も重要で、ヨガが腹式呼吸で行うのに対し、ピラティスは胸式呼吸で行います。

このようにピラティスを行う時にはただ単純に動作を行うのではなく、基本的な理念に沿った形で行う事が大切です。
そうすることによって効果を実感する事ができ、ピラティスの魅力を最大限に感じる事ができるでしょう。

脱毛


当サイトの全ての文章・画像の転載や2次使用は認められません