HOME > ピラティスボール

ピラティスボール

ピラティスボールを使うとピラティスのポーズも一気にバリエーションが増えます。
「ヨガとの違いが分からない!」と戸惑う方も少なくないピラティスですが、ピラティスボールのようなアイテムも取り入れている点がヨガとの大きな違いです。

ピラティスボールを選ぶ時は、ご自身で空気を吹き込むことでボールの柔らかさを調節できるタイプがオススメです。
ピラティス初心者なら柔らかくクッション状にしてポーズを取るサポートに使えますし、慣れてきたら固めにして普段稼働させない筋肉のトレーニングにも使用可能です。
ボールを上手くコントロールできそうにない方は、支える足が付いたタイプのピラティスボールも検討してみて下さい。

大きさは大体20センチから26センチがピラティスボールの平均サイズになります。
バランスボールは40センチから60センチとピラティスボールよりも大きいので、バランスボールをピラティスボールとして代用するのは難しいでしょう。
ピラティスボールでも50センチ前後の大きいものもありますが、サイズによってできるポーズも変わってきますし難易度も上下します。

例えばピラティスボールを足で挟む、と言うポーズの場合、小さいサイズなら手軽に取り組めても大きいサイズだと挟むだけで精一杯…と言うことになります。
上級者になるとサイズも「大・中・小」とポーズに応じて取り揃えているようですが、まずはご自身のレベルに応じて選ぶことも大切です。

おすすめのピラティスDVD

自宅でピラティスをはじめるのにおすすめの教材を2点ご紹介致します。

1点目はスポーツや補強のためにピラティスをはじめようと思っている方向けの教材です。
ピラティスとヨガを中心に、プロ野球・ラグビー日本代表・ゴルフ・レーシングドライバー等あらゆるスポーツのトップアスリート達に体幹トレーニングを指導されている橋本恵美さんが、週2回のトレーニングでパフォーマンスをグングンアップさせる本格派アスリート向けのピラティス体幹トレーニングを教えてくれます。
>>本橋恵美の体幹トレーニング For All Sports DVD

もう1点は、美しさのためにピラティスをはじめたいと思っている方向けの教材です。
テレビや雑誌で話題の累計1万人以上を指導してきた目黒若菜さんが、「メリハリある女性らしいしなやかなカラダ」をつくるピラティスメソッドを教えてくれます。
>>ピラティスをあなたのお部屋で!目黒若菜のピラティス・レッスン



リンク集 | 運営者 | 問い合わせ
当サイトの全ての文章・画像の転載や2次使用は認められません